SERVICE

新商品について

  1. 調査目的の確認(調査で明らかにしたい点は?)
    1. 現在構築中の(コンセプト)アイデアについて受容の可能性を検証したい
    2. 複数の(コンセプト)アイデアの中からいくつかに絞り込みたい
    3. 新製品(試作品)の受容性を把握したい
    4. パッケージデザイン/ネーミング/コピー、広告案の評価を捉えたい
    5. その他
  2. 目的別調査方法のご提案
    1. (コンセプト)アイデアの検証
      • グループインタビュー調査(定性調査)
        ※コンセプト評価の聴取/評価要因の抽出/ブラッシュアップ
      • コンセプトテスト(定量調査)
        ※個別訪問面接調査/会場集合テスト(CLT)(定量調査)
    2. (コンセプト)アイデアの検証/絞込み
      • ニーズ調査(NDS)/PD調査(定量調査)
        ※個別訪問面接調査/対象者自記式留置調査
      • コンセプトスクリーニングテスト(定量調査)
        ※個別訪問面接調査/対象者自記式留置調査/会場集合テスト(CLT)
      • グループインタビュー調査(定性調査)
    3. 新製品の受容性把握
      • Cテスト(定量調査)
        ※個別訪問面接調査
      • Cグループインタビュー(定性調査)
      • CPテスト(定量調査)
        ※個別訪問面接調査/対象者自記式留置調査(HUT) 併用
      • CPグループインタビュー(定性調査)
      • Pテスト(定量調査)
        ※個別訪問面接調査/対象者自記式留置調査(HUT) 併用
        ※会場集合テスト(CLT)
      • ※C:コンセプト  P:パフォーマンス
    4. パッケージデザイン/ネーミング/コピー・広告案の評価測定
      • パッケージテスト(定量調査)
        ※個別訪問面接調査/対象者自記式留置調査/会場集合テスト(CLT)
      • コピー案/広告案評価テスト(定量調査)
        ※個別訪問面接調査/対象者自記式留置調査/会場集合テスト(CLT)
      • グループインタビュー(定性調査)
    5. その他
      • 適宜ご相談
  3. 調査結果の分析・診断の一例
    1. 受容性の診断
      ニーズの有無、市場性を検証し、CPバランスの測定を行うことで、市場導入の可否を診断します。
    2. 適正価格の測定
      『PSM分析(Price Sensitivity Measurement)』により、「価格受容域」を探ります。
    3. 価格の妥当性の診断
      「使用(利用)意向」と「購入意向」のスコアを基に、価格の妥当性を検証します。
    4. 市場規模の推計(オプション)
      導入時の市場規模(売上高)を具体的数値で予測します。

※その他、目的に応じて、多変量解析・数量化分析(オプション)などを活用したより有効な調査手法や分析等をご提案します。

CONTACT US

株式会社行動科学研究所

〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-9-11(TYビル2F)

ご連絡先

Email : info@bsi-web.co.jp

TEL : 03-3230-4631