Customer Equity

当社のショッピングセンター(店舗)顧客調査の特徴

現状の来店客の姿を多角的に捉えることで、
「カスタマー・エクイティ」の最大化に向けた方策を構築するための資料を得ることを目的とします。


  • 商圏を含む、ショッピングセンター(店舗)利用者の来店状況を捉えることで、来店客のプロフィールを明らかにする。
  • 「共有部分」「核店舗」「テナント」それぞれの関連事項に対する重視度・満足度を測定することで、現状の強み、弱みを明らかにする。
  • 構成テナントの利用状況だけでなく、来店者の評価を明らかにすることで、来店客が持つテナントに対する価値を客観的にとらえる。
  • 来店者が求めるテナント、サービスをジャンルとともに具体的に捉えることで、来店客のニーズ(ミスマッチの有無)を明らかにする。
  • 競合店を含んだイメージ、品目ごとの利用状況を捉えることで、当該ショッピングセンターの位置づけを明らかにする。
  • 来店客に負担にならない(お買いものに影響しない)/テナントの販売活動を阻害しない調査方法を採用
  • 十数カ所の大手ショッピングセンターで実施実績あり
  • さまざまな分析手法を採用
    • 重回帰分析 /相関分析
      SC全体の満足度に影響する要因、または、共有部分、テナント、核店舗それぞれの満足度に影響する要因を明らかにします。
    • コレスポンデンス分析
      当該SCと競合店のイメージを2次元にプロットすることで、当該SCの位置づけを明らかにします。
    • 充足度分析
      評価項目それぞれの重視度、満足度から充足度を算出することで、改善事項の優先順位を明らかにします。 
  • 結果の活用方向
    「プロモーションの方向策定」「施設強化の方向策定」「サービス強化の方向策定」「テナント構成の見直し」「リーシングの最適化」「競合店との差別化強化の方向策定」「イベントの検討」「客層変化の把握」「改装などの効果測定」「新規テナントの評価」など

CONTACT US

株式会社行動科学研究所

〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-9-11(TYビル2F)

ご連絡先

Email : info@bsi-web.co.jp

TEL : 03-3230-4631